« 武器?道具? | トップページ | 生物多様性国家戦略 »

2006年6月20日 (火)

続・武器?道具?

現在の戦争は人間対人間ではなく兵器対兵器になっています。紀元前から人間対人間の殺し合いは存在しました。

しかし、それは素手であったり刀や槍であったと思います。相手を傷つければそのダメージをすぐに感じ取れる距離にいたのです。弓矢であってもそれを目で確認できる距離であったのです。

しかし、現在は目で確認できる距離にありません。攻撃の結果から目をそらしてきたのです。見えないように見えないようにしたきたのです。

スイッチ1つで人が殺せるようになったのです。

私は銃で獲物を殺します。撃った獲物はきちんと回収します。撃ったばかりの獲物はまだ動いています。

血を流し苦しんでいます。可哀想ですがきちんと手にとり直視します。体温が感じられます。私はとった獲物は自分の命にさせていただきます。

直接と間接は対義語のようですが結局は自分と接しているのですね。

« 武器?道具? | トップページ | 生物多様性国家戦略 »

狩猟入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112848/2279328

この記事へのトラックバック一覧です: 続・武器?道具?:

« 武器?道具? | トップページ | 生物多様性国家戦略 »