« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月24日 (日)

ヤマドリに会う

秋のヤマドリはどんな様子でいるのでしょう?

ヤマドリに会うのは冬がほとんどで春・夏・秋は見たことが

ありません。養殖家の所では一年通してみたことがありますが。

野生のヤマドリはどんなところにいるのでしょう?

たぶん猟期中とは付き場が違うのでしょうが・・・。

午後3時すぎ、仕事で猟期中に行く猟場付近を通りました。

帰り道、ヤマドリがいないかどうか低速で林道を走りました。

でも、下草が生い茂り良く見えませんでした。

もう諦め林道を下り始めたとき、居ました!(3時54分)

車に気づくと素早く茂みに隠れるヤマドリが・・・。

んっ?顔は赤かったけど尾羽がないぞー。

車バックさせ茂みの中を見るが姿が見えない。走って上に

逃げたかな?車をおりてゆっくり移動。息を潜めているな!

携帯を用意し撮影準備。ちょっと派手に動いてみて・・・

フラッシュ!

18924yama おっ、頭はやはり赤いぞ!

でも尾羽が短い。

メスだったかな?

いやー、確かに雄の毛色だったんだけどなー。

と、カメラにはただの林しか写っていませんでした。

あしからず・・・

ヤマドリの尾羽は毎年夏頃抜けてしまうそうです。

それから初猟までにだんだん伸びてきます。養殖家の方に

聞くとヒナから伸びた1年目は短く(節の間も短い)2年目から

長くなるそうです。ただ、3年、4年、5年経つと長くなる

のかというのは不明です。どなたかご存知の方はコメント

ください。

去年はこの山で11節のヤマドリを共猟者がGETしました。

私はメスヤマしか見ませんでしたが・・・。

2006年9月23日 (土)

秋風の夜に

夕飯を食べた後、MYチャックとちょっと長めの散歩に行きました。

少し肌寒い秋風が吹いていました。

暗い杉林の間を歩いていたとき下草の中に光るものを

見つけました。懐中電気を消しその方向を良く見ると他にも

光るものが数箇所。

近づいていき草むらの中を探すと尺取虫のような昆虫が

いました。こいつが光っていたのかなぁー?

何かの幼虫みたいな形でした。これってホタルの幼虫?

でも、季節外れすぎるなー。

で、帰ってきてからネットで調べたらどうもこれは

「クロマドホタル」ではないかと

クロマドホタルは幼虫だけが光り成虫になると

光らないそうです。そして、10月くらいまで夜になると

光っているそうです。

でも何故幼虫が光るのでしょうか?

2006年9月20日 (水)

フィラリアの薬9月

今日はこれぞ秋晴れというような気持ちの良い日でした。

仕事なんかしないでピクニックにでも行きたいようでした、が

そうはいかないので、配達しながら少しドライブ気分を

味わいました。

今日は久しぶりに早く帰ったのでジョギングをしてから犬小屋の

周りの草むしりをして掃除をしてました。夏の日よけにしていた

ブルーシートも取りさっぱりしました。

日の沈むのもすっかり早くなりました。草むしりをしていても

蚊にあまり刺されなくなりました(昼間はまだ刺されますが)。

今日は9月のフィラリア予防薬の投薬日です。

せっかくなのでフィラリアについてちょっと調べてみました。

フィラリア:Dirofilaria immitis(犬糸状虫)は蚊の媒介により

犬の心臓や肺動脈に寄生します。糸状の長さ17~28㎝の

寄生虫です。

フィラリアに感染している犬の血液中にはフィラリア成虫と

成虫が産出した子虫(ミクロフィラリア)がいます。

このミクロフィラリアは蚊が吸血したときに蚊の体内に入り込み

約2週間後(蚊の胸筋で脱皮し成長する)に感染力のある

感染幼虫にまで成長します。

この感染幼虫を持った蚊が他の犬を吸血すると

この感染幼虫は蚊の口吻から犬の皮膚に侵入し感染します。

新たな犬の体に入った幼虫は2~3ヶ月かけて皮下筋肉内で

成長し2㎝程度になります。

その後血管に侵入していき心臓や肺動脈に寄生し3~4ヵ月後

成虫とないり子虫(ミクロフィラリア)を産出し始めます。

幼虫が血管に入ってしまうとフィラリアの予防薬の効果が

ないそうです。ですから感染幼虫を持った蚊に刺されてから

2ヶ月以内に皮下筋肉中にいるフィラリアを駆虫する

フィラリアの予防薬を飲むことが大切なのだそうです。

ということで1ヶ月に1度フィラリア予防薬を飲ませることが

愛犬をフィラリア症から守る方法なのだそうです。

蚊取り線香ではフィラリアからは守れないみたいです。

2006年9月18日 (月)

休日の過しかた#8

昨日、今日と久しぶりの連休になりました。

昨日は3人子供をつれて午前中、中之条町にあるツイン・

プラザ(図書館)に行ってきました。図書館といっても

本ばかりではなくレンタルビデオにレンタルCD、レンタルDVDも

ありました。昔とは違うんですね。

上の2人は勝手にパソコンゲームをして遊んでいました。

パズルゲームや算数ゲームなどがあり、マウスをクリックする

だけなので単純で遊びやすかったみたいです。

問題は3番目の2歳児。図書館で静かにしていろと言っても

それは所詮無理な話で・・・絵本を見てもビデオを見ても周りが

気になって難しい。うーん、ジュースでも飲むか!

たまには図書館もいいかもしれません。

♪たーまには、図ー書館も良いかと思ったらー

  月曜日が休館日でしたー♪

チッキショー

2006年9月13日 (水)

タカのいぬ間に

Kijihina1 今朝、伊香保に配達の途中にこの間見た

キジの親子を見ました。小雨が降っていた

のですが田んぼの畦で遊んでいました。

キジは雨の日に良く田んぼや畑の畦、

藪との境界線などに立っていることが多いいようです。

先輩猟師に聞くと、天気の良い日は猛禽類が飛んでいるので

隠れているが、雨の日は安心して遊んでいるそうです。

この前は確認できなかった雌雄ですが今日は雄が1羽いるのが

確認できました。

配達の帰り(約1時間後)にもまだ同じ場所で遊んでいました。

普段は同じところで見かけても20分といないのですが・・・。

そこから1kmと離れていないところで別の親子連れにも

会いました。こちらは3羽確認できました。

去年はこの道沿いに3羽の雄を見たのですが今年は

今のところ0羽です。

2006年9月12日 (火)

トホホ

最近、トホホが続いている。

昨日、コンタクトレンズ(2週間用)を交換しようと思って

新しいレンズを引き出しからだしてフィルムを剥がしたら

フィルムが切れていてレンズが干からびていました。

ガビーン

最後のレンズだったのでどうしようもなく今までつけていた

レンズを装着しました。

映画館へ行く途中に眼科があったので購入することが

できましたが・・・

最後のレンズはいいことがない。

洗面所で流してしまったり、気泡が入って曲がってしまったり。

・・・

去年の猟期最終日(自分の)朝一でヤマドリに遭遇。

忍びでヤマドリに近づくが向こうはすでにこちらに気づいていた。

となれば撃つチャンスは無し。諦めて車に戻る途中、篠藪で

小枝が私の右目をかすめた。目に違和感がありピントが

ボヤケる。車に帰りコンタクトを外すと真ん中が裂けてました。

で、最終日は終了。

この時も最後のレンズでした。

でも、あの時はコンタクトしてて良かったなぁーと思いました。

2006年9月11日 (月)

休日の過しかた#7

行ってきました。「ゲド戦記」!

土曜日が運動会だったため、今日は振替で子供と一緒の

休日でした。

前々から「ゲド戦記」を見に行きたいと長男が言っていたので

伊勢崎市にあるムービックスまで行ってきました。

上映時間が2時10分からだったので早めに家を出て

ビックリドンキー(ハンバーグのチェーン店)でランチをしました。

で、まだ時間があったのでカインズホーム(ホームセンター)で

金魚の水槽を置く台を購入しました。

引越ししてから早く水槽をセットして魚を飼いたかったのですが

水槽をほったらかしにベランダに置きっぱなしにしてありました。

さて「ゲド戦記」ですが、ちょっと子供には絵が怖いところが

あったみたいです。ストーリーは良かったんだけど盛り上がりに

欠けてたなぁー。長男はただあの歌が聞ければよかった

みたいですけど。

家に帰ってきてから早速、台を組み立てて水槽を持ってきて

置いてみました。

うっそぉー

水槽にヒビ入ってんジャン

水槽はなかったことにして金魚を飼うのをやめるか

新しい水槽を買ってきて金魚を飼うか?

どっちの「かう」にしましょうか?

2006年9月 9日 (土)

秋の大運動会

今日は子供たちの通う、幼稚園と小学校の合同運動会でした。

朝は天気が少し雨模様だったのですが、開会式の頃には

天気が回復し始めお昼には暑いくらいの日になりました。

午前中は仕事だったので見学できませんでしたが、午後

時間ができたので見に行ってきました。

1年の長男のダンスがありましたがすごく上手に楽しそうに

踊っているのを見てうれしかったです。

団対抗リレーは見ていて楽しかったです。順位の入れ替えが

激しく応援するほうもとても力(リキ)が入っていました。

家に帰ってきてから盆踊りの手ほどきをしときました。

次は町民運動会です。

2006年9月 6日 (水)

月見る月

もうめっきり朝晩寒くなりました。朝寒くて目を覚ますことが

あるくらいです(寝相が悪いんです・・・)。

今日は1日雨が降っていて肌寒かったですね。

昨夜は消防で飲んで夜中帰ってきました。田んぼの稲穂と

ススキが秋風にそよいでいました。空は綺麗な月夜でした。

秋の夜といえば中秋の名月ですが今年は10月6日だそうです。

(確か私の記憶が正しければですが・・・)中秋の名月といっても

満月とは限らないようです。

「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」

誰が詠んだ詩かわからないのですが・・・。

あなたの“この月の月”はいつですか?

小学生のとき習字教室の後、月夜の道を帰った時を

思い出します。なんで月は私を追いかけてくるのだろう?

月明かりの自分の影、すごく長身で手足が長かったなぁー。

2006年9月 4日 (月)

休日の過しかた#6

やっと月曜日になりました。今日も午前中射撃に行ってきました。

嫁さんもお伴です。ちゃんとビデオも持ってと。

射場まで片道約30kmドライブです。でも今日は道もすいてて

1時間かからなかったなぁー。

射場に着くとやっぱり駐車場はガラガラでした。でも今日は

スキート射台に先客が。公式セットでやっていました。

でも私は猟友会セットで練習したいのでとプーラーの

おじさんに(先週教えていただいた先生に)告げて準備を

しながら先客のやっているのを見て勉強。

プーラーは1人しかいなかったので先客と交互に撃たせて

もらいました。1ラウンド目を撃ち終わり先客と交代

している間に早速ビデオでフォームを確認。

カッチョワリー・・・

全然ダメです。まぁー、当たってなかったのでその時点で

ダメだったのは十分承知していたのですが、再認識です。

嫁にもダメだしされてしまう始末。

2ラウンド目。イメージを整え何とか半分当たりました。

先が思いやられますがメゲズニ練習したいと思います。

今日は午後、用事があったので2ラウンドで終了でした。

帰り道、前から気になっていた「地球屋」という雑貨屋に寄って

みました。アンティークなものが所狭しと飾ってありました。

とりあえず手ぬぐいを買ってみました(前から洒落た

手ぬぐいが欲しかったんです)。

帰ってきてから夜またビデオをテレビにつないで復習しました。

うー、ハヤク ジョウズ 二 ナリターイ!!

2006年9月 3日 (日)

クマムシ

生物は多種多様、想像を越える。

スゴイついでに「クマムシ」の紹介です。

クマムシは身の回りにごくありふれて存在するちっちゃな

生物です。1mmから0.5mmくらい。

で、何がすごいかというとすごくタフなんです。

耐乾燥:通常85%くらいの水分含有率なのですがなんと

乾燥状態では3%まで減らして休眠状態になれるそうです。

耐温度:絶対温度の-272℃付近から150℃付近まで生存可。

耐X線:人間の致死線量(50%死亡する量)は約500レントゲン

ですが休眠状態のクマムシは57万レントゲンで生存可。

耐真空:真空状態でも生存可。

耐圧:6000気圧まで。

耐紫外線

スゴスギル

今、クマムシゲノムの解析が進められているそうです。

クマムシで検索すると写真つきで情報が得られますので

是非みてみてください。熊に見えます。

2006年9月 1日 (金)

浅間山

2年前の9月1日、浅間山が噴火した。夕飯を食べていたら

いきなりドーンという音と振動があった。何か落ちてきたのかと

思いましたが。しばらくしてNHKで噴火情報がでました。

浅間山から家まで道なりに行って70kmくらいです。

その夜、薄っすら車のフロントガラスに灰が降りました。

風が北東に流れていたので福島まで降ったそうです。

浅間山は群馬県と長野県の県境にある活発な火山です。

1783年(天明3年)の大噴火は吾妻川流域に甚大な被害を

もたらし、1500人近くの人命を奪ったと言われています。

その象徴とも言われるのが鎌原観音堂の石段でしょう。

この天明の大噴火は関東平野全体に大量の火山灰を降らせ

その結果、天明の大飢饉をもたらしたと言われています。

遠くアイスランドでは同じ1783年にラキ火山が噴火しました。

この噴火でも冷害などが起こりフランス革命の遠因になったと

言われています。

今日は9月1日防災の日です。

災難て重なるときは重なるものです。

泣きっ面に蜂とならないように気をつけましょう。

消防団に入ったからではないですが消火器の使い方、

消火栓の位置などは確認しておいたほうがいいですよね。

災害が起きたら警察官や消防士さんの数は足りないですから。

あと救急箱は用意しておきましょうね。お金かけるのが

嫌なら置き薬が便利ですよ。ただで用意してくれますから。

でもくれぐれも使いすぎに注意しましょう。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »