« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月29日 (日)

休日の過しかた#11

昨日は休みをとって家族で県の畜産試験場に行ってきました。

畜産試験場では毎年10月末に酪農畜産フェスティバルなる

ものを開催しています。我が家で行くのは今年で3回目です。

・・・去年はうれしいお土産付でした。

というのは、養豚協会で子豚の写生大会というのをやって

いるのですが、去年何気なく参加したらなんと家の娘の絵が

銅賞に選ばれ県庁に飾られたのです。地元の新聞にも

載ったし。でもそれが長男は悔しかったらしく

今年はリベンジというわけです。

写生大会が終わると楽しみにしていた

Tikusan1 ポニーの乗馬体験です。

ちょっと1周するだけなのですが

とても喜んでいました。

動物園だったら1周500円以上するのに

今日は無料!!

このフェスティバルでは牛肉や豚肉、牛乳、チーズ、ヨーグルト

などなど無料の試食会が用意されていました。

また、もう1つのメインイベント「仮面ライダーカブト」ショーが

Tikusan2 ありました。やー、あの恥ずかしがり屋の

長男が小学校へ行くようになったらすっかり

変って「お兄さんのお手伝いしてくれる子ー」

なんていうと「ハイ、ハイ、ハーイ」なんていって

前に飛び出していきました。

帰る前に、ニワトリの卵が孵化する場面が見られる会場に

行き、卵の殻が割れていくところを見てきました。

“おー成長したなー、俺を超えたぞ!”なんて

2006年10月16日 (月)

休日の過しかた#10part2

いや~、#10を書いてる途中で出かける用事ができて・・・。

嫁さんの実家の家族と焼肉を食べに行ってきました。

焼肉屋へ行く途中長男は案の定、熟睡。焼き肉屋さんに

着いても起きません。しょうがないので焼き肉やで寝させて。

今、家に帰って長男の夜食に付き合いながらブログ書いてます。

今日は夕方家庭菜園にソラマメを植えてから万能ネギを

植えました。万能ネギは奴の薬味にしようかな?

休日の過しかた#10

今日も良いお天気でした。今朝は意外に目覚めが良く早く

起きた。長男が学校へ行った後、庭に出て草むしりをした。

今年になって何回草むしりをしたことだろうか。

草むしりをした後は物置の整理をし、それから、ガンロッカー

から銃を取り出し挙銃練習。

あー、射撃に行きテーなー。

午後は嫁さんと買い物に。久しぶりに服を買ってみました。

その後、本屋さんに行き

「ただいま授業中 会社法がよくわかる講座」かんき出版

佐藤孝幸著という本を買ってみた。

いつかは起業して社長になるんだ。ということで会社法の

勉強です。

なんてカッコつけてる場合じゃなくて、単に社会人10年目で

いまだによく世間が分かったいないので勉強になればいいかな

と思い買ってみました。暇な時間に読んでみよう。

ロト6が当たったら・・・

2006年10月14日 (土)

犬のしつけ

犬のしつけに関して私には向いていないと思う。

犬に対してはしっかりと自己主張をしなければ

いけないのだと思う。でも私はあまり自己主張が得意ではない。

犬に対して自分が主人で上位にいるのだと

いうことを分からせるためにはそれをはっきりと犬に

認識させなければならない。

でも、犬もしたたかで少しでも自分が優位になれるようであれば

反抗してくることがある。

そんなときは両耳をもち地面にねじ伏せる。少しくらいキュンと

いわせるのである。

こんなんでいいのですかね?正直、試行錯誤です。なにぶん

犬と真剣に付き合うのは初めてなもので・・・。

MYチャックは結構私に応えてくれますね。MYチャックは

素直です。ありがとう。

2006年10月11日 (水)

「狩猟」

今夜は旺文社の漢和辞典改訂新版と三省堂の新明解国語

辞典を片手に考えてみた。

「狩猟」という文字はどんな意味を含んでいるのだろうか?

先ず「狩」・「猟」の両方の偏となっている“けものへん”

辞典では(「犬」をもとにしてできていて、「犬の種類・習性、犬に

似た動物」などのほか、「野生的な性質や、異民族の名」など

を表す文字を集めた)とあります。

次に「狩」ですがけもの偏に「守」という旁になっています。

(犬を使って獣を囲み取る「かり」の意を表す)とあります。

では「猟」の旁は集め取る意味の文字があります。

(犬を放って鳥獣を追い捕らえる「かり」の意)

「狩猟」を国語辞典で調べると

(鉄砲・網などで、野生の鳥・獣を捕らえること)

とあります。

ん~、正直、辞書で調べても面白くなかった。

唯一、驚いたのはけもの偏が犬を元にしていたんだということを

知ったこと(そういえばそうだったなーという感じですっかり

忘れていました)

人の狩猟時代は農耕時代よりも長い。漢字が生まれたのも

それにくらべれば最近のこと?ですもんね。狩りに犬は

密接に関わっていたのですね。今でも重要ですが。

「狩猟」は辞典で調べても実際に理解することはできません。

経験によって受け継がれてきたものなのですから。

まだ私はその入り口に立ったところです。

2006年10月10日 (火)

チャックも冬の衣替え?

今夜も消防の練習でした。最初は寒かったのですが通しで

何度も練習していたら最後は半袖です。

練習から帰ったらみんな家族は寝てました。

MYチャックを連れて夜の散歩です。田んぼの稲も刈られた

ので引き綱をつけたまま放して自由に散歩させました。

MYチャックは引き綱をつけて引きずったままだと遠くに

行きません。

MYチャックとジャレていると心なしか毛が増えたような気が

しました。立たせて見ると足の飾り下が伸びたような。背中

あたりも冬毛が生えてきたような感じがしました。

もうすぐ冬がやってくるね!MYチャック

今年の冬はイノシシの罠にかからないでね!

2006年10月 9日 (月)

休日の過しかた#9

今日もハッピーマンデーで子供と一緒の休日を過ごしました。

でも、朝から一仕事。道路愛護ということで、地域の人が

それぞれ分担して道路掃除をする日です。朝8時前に集合。

草刈り機で道路わきの草を刈る人、歩道に生えた草を刈る人。

竹ほうきではく人、ゴミを拾う人。約1時間の作業となりました。

さて、今日は野生の王国・群馬サファリパークにいってきました。

Safari1 群馬サファリはマイカーで園内に入れ、

目の前に動物たちを見ることができます。

でも今日はサファリバスに乗って行くことに

しました。それは何故か?

Kirin サファリバスで園内に入ると先ずそこは

アフリカゾーンです。

最初に出迎えてくれたのはキリンさんです。

一番下の子は「キン、キン」といって

喜んでいました。今日初めて知ったのはキリンの角が5本ある

ということです。2本だと思っていました。

Safarizou 群馬サファリでは日本ではじめてアフリカゾウが

出産したそうです。写真の象は違いますが、

サファリ生まれの象は暴れん坊のため檻に

入れられたままです。

Safarikuma 次はサル・クマゾーン。

月の輪グマとアメリカクロクマと日本猿が

一緒にいました。

サル・クマゾーンの次はウォーキングサファリゾーンです。

Yukineko いったんサファリバスをおりて小動物たちと

ふれあえる広場があります。

ここで、今までとは改良されたところが

ありました。写真のようにユキヒョウが寝ているところや

ライオンやトラがいる檻の上に橋が渡してあって歩けるように

なっていました。もし落ちたら猛獣のエサ?子供を抱っこして

いたのですが、怖くて覗き込めませんでした。ウサギと

遊んだ後また、サファリバスに乗り込みいよいよ猛獣ゾーン

です。ベンガルトラとそのアルビノ・ホワイトタイガー。

Safaritora ライオンのプライドの中へ・・・

ここで、何故サファリバスに乗ったのかという

答えが、ライオンが寝ているところが真横に

見えるのです。ちょうどバスの窓の高さになるように岩や

休憩台が作られているので迫力満点です。バスの両側に

あるので、どちら側に乗っても大丈夫です。エサやりバスに

乗ればエサを直接あげることができます。

Safari2 動物ゾーンを出た後は食事をして遊園地で

遊んで帰りました。子供騙しくらいのジェット

コースターかと思ってのったら意外に

オッカナカッた(群馬弁で怖かったという意味)です。

今月は群馬の県民の日があるので群馬に住んでいる人は

普段の半額で入場できます。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »