« A山 | トップページ | 猟果はないが・・・ »

2006年12月 7日 (木)

12月7日

Ayu18127_1 アユが池に入りました。

1gちょっとの稚魚です。

0.5gくらいだとほんとシラスみたい!でも、

1gあるとしっかりしてますね。それでもヤマメや

マスと比べるとヒョロ長いですけどね。

Ayamaura A山を西側から見たところです。

麓のあたりはなだらかなのですが

途中から急斜面になりその上は断崖絶壁です。

ここにヤマドリはいなそうです。水がありません。

I その東側にIポイントがあります。

ここら辺には何本か沢があります。

沢は深くはありませんが、両サイドは絶壁です。

T氏のジャックが崖を攻めたとき

オスヤマが見事な沢下りをしました。両サイドに

尾根がいくつかあり上流の尾根を捜索していたのですが

ヤマドリが1歩上手で走って下の尾根向こうまで行き

そこから沢下りです。

そいつが赤い十字架です。

それにしてもA山、あんな山頂に誰が植林したんだろう?

どのルート行くとあそこまでいけるんだ?

私の親も杉植えて生活の足しにしようとしましたが

今では杉も売れず山も手入れしていません。

地元の山も大体似たようなものです。

人が山に入っていないのがよくわかりますね。

見る山と登る山は雲泥の差です。

親が死んだらその山を相続しなければなりません。

兄貴は都会で生活してますし・・・。

« A山 | トップページ | 猟果はないが・・・ »

狩猟入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112848/4460585

この記事へのトラックバック一覧です: 12月7日:

« A山 | トップページ | 猟果はないが・・・ »