« 寿司の輸出4 | トップページ | 寿司の輸出6 »

2015年2月25日 (水)

寿司の輸出5

日本の食文化、この風土で安定して得られる食材を使用し日本人の体質、性格に合ったものが選ばれてきた。

その中の一つで特徴的なもの、「生」食ではないだろいか?
外国人からすればそれを「生」で食べる?ってなもの。鶏卵しかり、魚しかりである。生卵=食中毒。生魚?生のタコ?Unbelievable!
でもそれは日本の気候、日本人の性格、几帳面さがあったから確立できた食文化なのだろと思う。
日本人だけが知る美味しい秘密。
しかし、この美味しい秘密が広められたせいで、楽しみが奪われる危機にある。その危機を作ったのは日本人自身だが。 日本人だけが、限られた数で楽しんでいれば良かったのに・・・
世界的な料理にしてしまった「寿司」だ。
今やアメリカ、ヨーロッパ、中国でも食べられるようになった。
“爆喰い”されたらたまったもんじゃない。

« 寿司の輸出4 | トップページ | 寿司の輸出6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112848/59060116

この記事へのトラックバック一覧です: 寿司の輸出5:

« 寿司の輸出4 | トップページ | 寿司の輸出6 »