« ペダンチスト | トップページ | ヤマドリのゆめ 春うらら »

2015年2月 9日 (月)

牛を屠る

インフルエンザに罹ってしまい、今日、明日と会社を休むことになった。

この土日は熱と関節痛で寝込んでいたが、熱が下がれば元気なものだ。
しかし家族にうつしてはいけないので、自分のお部屋に軟禁されている。
テレビばかり見ていても退屈なもんで、読みかけにしていた本を読んだ。
「牛を屠(ほふ)る」双葉文庫、佐川光晴
と畜場での仕事経験を肯定的に書き記した小説。
仕事って?ということを考えることもできるが、狩猟をする身としては
獣を捌くということがブラックボックスに入っていて、食す人のほとんどが
知らずにいる、敢えて知られないようにしている事を考える時間となった。
知られないようにしているのは、知りたくないからということも含まれて
いるのだろう。
570円なので書店で探してみてください。
amazonなら早いか…
読む人により考えるポイントが違う本なんだろうな。

« ペダンチスト | トップページ | ヤマドリのゆめ 春うらら »

狩猟入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112848/58877331

この記事へのトラックバック一覧です: 牛を屠る:

« ペダンチスト | トップページ | ヤマドリのゆめ 春うらら »