« 寿司の輸出6 | トップページ | 有害駆除 »

2015年2月27日 (金)

ヤマドリのゆめ 手掛かりは

   この沢が合流しているところは結構山の動物たちが通るところなのかな?

僕もこの居心地が好きだ。でも、もっと奥まで行ってみないとな。
「今年こそ嫁をさがすぞー!」
僕は沢を登り始めた。大きな岩を見つけるとその都度母衣打ちをした。
今日はゆっくりと進んだ。 遠くからキャッ、キャッと時たま聞こえてきた。
なんの声だろう?近くにいる気配は感じない。いつも同じところから聞こえて
くるわけではないので移動しているのかと思えばまた、前の方向からも聞こえて
くる。たまにギャンという声もする。何かが群れでいるのだろうか?
しばらくすると木の上の方枝が揺れ始めた。何かの影が見える。
カケスではないだろう。
「あっ、サルだ。何頭もいるぞ。」
サル達が木から木に渡りながらこっちに向かってきた。さっきよりもギャンとか
クォッとか鳴いている。 枝が折られるのかバキバキという音も聞こえてきた。
んっ?
「イノシシの親子も居るぞ。」
サル達が来た方からイノシシの団体が来た。母親と、2-30kg位の子供達だ。
「ホントここは賑やかなところだな。」
なんだか嬉しくなった。
「そうだ、サルだったらあの話し知っているかも」
僕はサル達が行った先に飛び込んだ。
「サルさん、この辺りで白いヤマドリを見たことある?」
僕は体の大きな雄ザルに声を掛けた。
「おぅ、聞いたことはあるけど見たことはねーよ。
この沢のずっと奥に居たってよ。大分前だけどな。
俺らの仲間が羨ましくなるほどのハーレムでな、噂だったらしい。
俺たちは助平だからなぁ。そんな話よくしてたもんだよ。」
「白いヤマドリは1羽だけだったの?」
「何羽もいたって聞かねーから1羽だけだったんじゃねーかな。」
「じゃ、もう居ないね」
「たまに白い雛が生まれたって聞いたけど、育たなかったらしい。」
「ありがとう」

« 寿司の輸出6 | トップページ | 有害駆除 »

ヤマドリのゆめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112848/59085019

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマドリのゆめ 手掛かりは:

« 寿司の輸出6 | トップページ | 有害駆除 »