« ヤマドリのゆめ 攻・防 | トップページ | ヤマドリのゆめ 山の中の音 »

2015年2月15日 (日)

ヤマドリのゆめ ぶらりと

「今日はこっちの尾根を越えてみよう。」

この冬、僕は猟師に追われ何度かこの尾根を越えたことがある。
でも長居はしたことが無い。仲間に出会ったことも無かった。
仲間はもっと奥の山に行っているのだろう。僕は日当たりの良いとこを歩きながら
仲間の痕跡を探した。
「この沢を下って水を飲もうか!」
水を飲むと大きな岩を探した。
「こっちの方が僕の沢より大きいな」
岩の周りを歩いても仲間が居る様子は無い。
「この沢を上まで登ってみよう。」
沢沿いに歩きながら餌を探しゆっくりと登った。
今日はいつもの寝床に帰るつもりは無かった。緩い流れが続く。
餌場も豊富にありそうだが、なんで誰も居ないんだろうか。   結局暗くなるまで
誰にも会うことはなかった。
沢沿いを登るのを止め寝床にできそうなところを探した。

« ヤマドリのゆめ 攻・防 | トップページ | ヤマドリのゆめ 山の中の音 »

ヤマドリのゆめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112848/58948021

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマドリのゆめ ぶらりと:

« ヤマドリのゆめ 攻・防 | トップページ | ヤマドリのゆめ 山の中の音 »